円満退職のための意思の伝え方

 転職をする場合は、円満退職をすることもプランの一つとして考えるべきです。

 お互い気持ちよくやめることが、勤め上げた会社に対する礼儀というものです。

 将来的に、かつての会社の人と接点ができる場合もあります。退職届は仕事を辞める当日に出すものではありません。

 円満退職をするためには、2カ月ほど前に直属の上司へと退職したいという考えを伝えておくようにしましょう。

 円満退職をするなら、同僚ではなく、まず直属の上司に対して退職を打診するという形式をとることが、社会人に求められる行動です。

 社長や部長に話してしまうと直属の上司の管理能力が問われてしまう場合があります。

 決定事項という形にはしないで、相談をもちかける形で話しかけましょう。

 退職の意向を受けた上司は、退職の段取りを決めるために、上の役職の人達と話をまとめてくれます。

 円満退職のためには、正式な退職の決定がされるでは、内々にも退職の話を社内の人に漏らさないようにすることが重要になってきます。

 個人的な理由で退職をするという形をとると、円満退職がしやすくなります。

 たとえ、退職の理由が会社内で起きたことに関わっていたとしても、それを話しては円満退職になりません。

 引き止めの材料にされてしまうこともあるでしょう。

 円満退職を望むのであればたとえどんな理由があろうとも不平不満を述べるのは極力避けましょう。

 円満退職をするためには、多少言いたいことがあったとしても、実家の都合や、自分の希望など、周りの人が納得できそうな事情でやめるといいでしょう。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial